xx

2022/5/20(金)、NFTカードを集めてステーキングすることで仮想通貨を稼ぐことができるNFTゲーム『PIXELLAND(ピクセルランド)』がローンチになりました。

この記事ではPIXELLANDの始め方を分かりやすく解説します。

 

PIXELLANDの公式サイトは↓↓こちら↓↓からアクセスできます。
PixelLandバナー

 

PIXELLANDはPIXEL FINANCE(ピクセルファイナンス)の機能の1つです。

PIXEL FINANCEの最初の機能はDEXのPIXEL SWAP(ピクセルスワップ)でした。

2つ目の機能が今回のPIXELLANDです。

 

PIXELLANDは、NFTカードをステーキングすることにより報酬をもらうことができる仕組みになっています。

 

PIXELLANDのルール

PIXELLANDはNFTカードを『集める』・『合成する』を楽しむシンプルなゲームです。

まず基本的なルールを説明します。

 

NFTカードの種類

PIXELLANDには186種類のNFTカードが存在します。

(カードは今後追加されていく予定です。)

どんなカードがあるかはPIXELLANDの『PIXEL CARD LIST』のページで確認することができます。

 

それぞれのNFTカードにはレアリティ(希少性)が設定されており、レアなカードを集めることがPIXELLANDで稼ぐための肝となります。

カードのレアリティとそれぞれの種類数・ガチャ出現率は下表のとおりです。

レアリティ 種類数 ガチャ出現率
N
ノーマル
60 60.2%
R
レア
40 33.3%
SR
スーパーレア
30 5%
SSR
スペシャルスーパーレア
26 1.3%
UR
ウルトラレア
10 0.2%
L
リミテッド
4
F
フュージョン
16

 

カードの取得方法

PIXELLANDのNFTカードを手に入れる方法は以下の2つです。

① 『BUY CARD』で購入する(ガチャ)

② マーケットプレイスで購入する

※ここでは概要のみ解説します。購入方法の詳細は次項で解説します。

 

基本となるカード取得方法は、PIXELLAND上のガチャ機能で購入する方法です。

1枚あたり0.0333BNB:約10USD(2022年5月現在)、1枚単位で購入することができます。

BUY CARD

 

また購入画面で『Emission rate』の下矢印を押すと、レアリティごとのガチャ出現率が確認できます。

ガチャ出現率

 

もう一つの方法はマーケットプレイスで購入する方法です。

PIXELLAND内にマーケットプレイス機能があるため、簡単に利用することができます。

欲しいカードを直接購入できて便利な反面、価格が出品者の希望額になるため相場を確かめないと不利な価格で購入してしまうこともあります。

逆に相場よりお得に購入できる可能性もあるため、たまに掘り出し物がないかチェックしてみるのもおもしろいでしょう。

マーケットプレイス

 

NFTカードのステーキングとは

PIXELLANDでは、手に入れたNFTカードをステーキングすることでリワード(報酬)として仮想通貨を得ることができます。

『レアリティの高いカードを売って稼ぐ』という稼ぎ方もありますが、それよりもこのカードステーキングがPIXELLANDで稼ぐ基本的な方法です。

 

またカードステーキングにはシングルプールとフュージョンプールの2種類のプールがあります。

PixelLandプール

 

SINGLE POOL(シングルプール)

下図がシングルプールの仕組みを説明したものです。

シングルプールの仕組みシングルプールの仕組み

 

シングルプールでは、F(フュージョン:合成)以外のレアリティのカードをステーキングすることができます。

リワードとして得られる仮想通貨はPIXEL FINANCEのガバナンストークン(独自トークン)であるPXFです。

 

シングルプールにカードをステーキングすると、リアルタイムでリワードが貯まっていきます。

特徴的なのは、この貯まったリワードをClaim(クレーム:請求)してウォレットに移すためにはステーキングしたカードをBurn(バーン:焼却)する必要があるというルールです。

Burnとはこの世から消し去ってしまうことなので、当然一度Burnしてしまえば、それ以降はリワードが得られなくなります。

 

また、カードのステーキングは任意のタイミングで解除する(REVOKEする)ことが可能ですが、その場合はそれまでに貯まったリワードは消滅してしまいます。
(ステーキングした意味がなくなる)

リワードを得ようとすればカードが無くなってしまうため、この点が非常に悩ましいプールとなっています。

 

FUSION POOL(フュージョンプール)

下図がフュージョンプールの仕組みを説明したものです。

フュージョンプールの仕組み

フュージョンプールの仕組み

 

フュージョンプールでは、F(フュージョン:合成)のレアリティのカードのみステーキングすることができます。

このフュージョンプールこそが、PIXELLANDで稼ぐためにもっとも重要な要素となっており、シングルプールに比べて大きな優遇があります。

 

リワードとして得られる仮想通貨はBNBチェーン(旧BSC:バイナンススマートチェーン。2022年に改称)の基軸通貨であるBNBです。

より広く価値が認められているBNBがリワードとして得られるというのは大きな魅力です。

 

フュージョンプールにカードをステーキングすると、リアルタイムでリワードが貯まっていきます。

シングルプールとの大きな違いは、フュージョンプールではリワードをClaimしてもカードはBurnされないということです。

もちろんステーキングの解除は任意のタイミングで行うこともできます。

 

つまり一度フュージョンプールにカードをステーキングできれば継続的にリワードが得られるということです。

しかもリワードがBNBであるのが嬉しいところ。

PIXELLANDで稼ぐためには、いかにフュージョンプールを使うかということが最重要になります。

 

FUSION(合成)とは

前項で述べたとおり、PIXELLANDで効率よく稼ぐためにはフュージョンプールを使う必要があります。

またフュージョンプールにステーキングできるNFTカードはレアリティがF(フュージョン)のカードのみだと解説しました。

 

このF(フュージョン)のカードを手に入れる方法は2つだけです。

① カードをFUSION(合成)して作る

② マーケットプレイスで購入する

 

このうち基本となるのが①のFUSIONして作る方法です。

②のマーケットプレイスで購入する方法もありますが、F(フュージョン)のカードはまさに『金のなる木』であるため高額になることが予想されます。

 

FUSIONはメニューの中の『FUSION LIST』から行うことができます。

PixelLandの合成

 

FUSION LISTを開くとFUSIONで作成できるカードと、素材となるカードを確認することができます。

素材となるカードのうち自分が所有しているカードは光って表示されるので、FUSIONに必要なカードが一目で分かるようになっています。

なお、シングルプールにステーキング中のカードはFUSIONには使えません。

FUSIONの素材として使用するためには、ステーキングを解除する必要があります。

FUSIONの例※所有しているカードは光って表示される

 

NFTカードの購入方法

① 事前準備

事前準備として、MetaMask(メタマスク)のアカウントを用意します。

メタマスクのウォレット作成方法はこちらをご覧ください。

MetaMask(メタマスク)とは?ウォレットアカウントを作成しよう

 

PIXEL FINANCEの対応チェーンはBNBチェーン(旧BSC:バイナンススマートチェーン。2022年に改称)です。

またNFTカード購入の支払い通貨はBNBになりますので、BNBをウォレットに送金しておきます。

ガス代を考慮し、少し多めにBNBを送金しておくと良いでしょう。

 

② NFTカードを購入する

続いて実際にNFTカードを購入します。

↓↓こちら↓↓からPIXELLANDにアクセスします。

PixelLandで遊ぶ

 

右上の『CONNECT』を押し、メタマスクを接続します。

PIXEL LAND

 

購入画面で購入したい枚数を入力します。

『Buy Card』を押し、メタマスクで取引を承認して購入を確定します。

カード購入方法

 

画面を下にスクロールし『CARD OPEN』を表示させます。

購入のトランザクションが完了するとYour cardsに購入したカードの枚数が表示されるので確認します。

(しばらくたっても表示されない場合はページを更新してみてください。)

オープンするNFTカードの枚数を入力します。すべてオープンする場合はMAXボタンが便利です。

『Open』を押しメタマスクで取引を承認してカードオープンを確定します。

Pixel Land_カードオープン

 

トランザクションが完了すると『RESULT』にカードが表示されます。

オープンしたいカードを押して出現したカードを確認します。一括で確認する場合はALL OPENが便利です。

レアカードが引けるかもしれないドキドキの瞬間ですね!

PIXEL LAND

 

『Collect』を押します。

これでNFTカードの購入は完了です。

ピクセルランド

 

NFTカードのステーキング方法

前述のとおり、手に入れたNFTカードはステーキングをすることで仮想通貨を稼ぐことができます。

シングルプール・フュージョンプールともにステーキングの方法は同じです。

ここではシングルプールを例に説明します。

 

① (初回のみ)承認

シングルプール・フュージョンプール、それぞれ初回のみステーキングの承認が必要になります。

『Approve』を押しメタマスクで処理を承認します。

ステーキング承認

 

② カードを選択

ステーキング可能なNFTカード(保有しているNFTカード)が『MY HOLDING』欄に表示されます。

ステーキングしたいカードの『SELECT』欄にステーキングする枚数を入力します。

『Staking』を押しメタマスクで処理を承認します。

 

※すべてをステーキングしたい場合は『All Staking』が便利です

ステーキング

 

③ ステーキング結果を確認する

ステーキングの処理が完了すると画面右下の『MY STAKING』欄にカード名が表示されます。

ここに表示されればステーキング完了となります。

ステーキング結果

 

ステーキングリワードの獲得方法

NFTカードをステーキングするとリワード(報酬)が画面上にリアルタイムで貯まっていきます。

このリワードを使うにはウォレットに移す(Claimする)必要があります。

このClaimの方法はシングルプールとフュージョンプールで少し違いがあります。

 

シングルプールの場合

シングルプールの場合、こちらで説明したとおりリワードをClaimするにはステーキングしたカードをBurnする必要があります。

『Burnする=元本を捨てる』ということになりますので、Claimするタイミングには注意が必要です。

元本となるNFTカードの価値以上のリワードを稼ぎ出していない状態でBurnすると、実質的に損をすることになるからです。

この点はClaimする前によく考えてみましょう。

 

またBurnする場合、ステーキング中のNFTカードを1枚単位でBurnするかどうかを選ぶことができます。

(BurnしたNFTカードが稼ぎ出したリワードのみがClaimでき、それ以外はそのまま残る)

 

Claimする場合は『MY STAKING』欄に表示されているステーキング中カードの中から、Burnするカードの『SELECT』欄にBurnする枚数を入力します。

『Burn』を押しメタマスクで処理を承認します。

Burnする

 

処理が完了するとBurnしたNFTカードが稼ぎ出したPXFがウォレットに移ります。

(その分が『YOUR REWARDS』から差し引かれます)

 

※PXFコントラクトアドレス:
0x6a4792d10bee30ff25d1d8f9aa3721d204d88134

 

フュージョンプールの場合

フュージョンプールの場合は、こちらで説明したとおり任意のタイミングでリワードをClaimすることができ、元本となるNFTカードもなくなりません。

注意点はClaimの処理のためにガス代がかかりますので、リワードが少ない状態で頻繁にClaimするとガス代が余計にかかってしまうということです。

 

Claimする場合は『MY STAKING』欄に表示されているステーキング中カードの中から、Claimするカードの『SELECT』欄にClaimする枚数を入力します。

『Claim』を押しメタマスクで処理を承認します。

Claimする

 

処理が完了するとClaimしたBNBがウォレットに移ります。

(その分が『YOUR REWARDS』から差し引かれます)

 

NFTカードのステーキング解除について

ステーキングしたNFTカードは、任意のタイミングでステーキングを解除する(REVOKEする)ことができます。

 

ステーキングを解除する目的

REVOKEする目的としては以下の2つが考えられます。

① マーケットプレイスで売却する

② フュージョンの素材にする

 

まず①の場合です。

フュージョンのパターンは今後増えていく予定です。

今までは特に利用価値のなかったカードが新たにフュージョンの素材になることで価値が上がるようなことも考えられます。

一度ステーキングして終わりではなく、折を見てマーケットプレイスの相場を確認することをオススメします。

売却価格が高ければREVOKEしてマーケットプレイスに出品するのも良いでしょう。

ただし、シングルプールの場合はREVOKEするとそれまでにそのカードが稼ぎ出したPXFが消滅してしまいますので注意してください。

 

続いて②の場合です。

ステーキング中のカードはフュージョンの素材にすることができません。

フュージョンに使いたい場合はREVOKEする必要があります。

 

ステーキング解除方法

シングルプール・フュージョンプールともにREVOKEの方法は同じです。

REVOKEする場合は『MY STAKING』欄に表示されているステーキング中カードの中から、REVOKEするカードの『SELECT』欄にREVOKEする枚数を入力します。

『Revoke』を押しメタマスクで処理を承認します。

REVOKE方法

 

処理が完了するとREVOKEしたカードが『MY HOLDING』欄に移動します。

 

PIXELLANDのアフィリエイトについて

PIXELLANDはアフィリエイトで報酬を得ることも可能です。

自分が発行した紹介リンクからPIXELLANDに接続したユーザーがNFTカードを購入した場合、カード購入額の10%が報酬として得られます。

アフィリエイトの条件は以下のとおりです。

PIXELLANDのアフィリエイト条件

  • 直接紹介のみ
  • 報酬額はNFTカード購入額の10%(BNBが入る)
  • NFTカード10枚以上購入+100PXFでアフィリエイトの権利がもらえる
    (紹介リンクが出せるようになる)
    ※PXF:PIXEL FINANCEのガバナンストークン

 

アフィリエイトの権利を得るのに必要な資金は約100ドルです。(2022/5/22現在)
(内訳:0.333BNB+100PXF)

 

紹介リンクの出し方

紹介リンクの出し方を解説します。

 

① NFTカードを購入する

アフィリエイト条件をクリアするため、NFTカード10枚(以上)を購入します。

前項の『NFTカードの購入方法』を参考に購入してください。

 

② PXFを購入する

続いて100PXFを購入します。

購入にはPIXEL SWAPを使います。

画面右上の『PIXEL SWAP』を押します。

PIXEL SWAPを選択

 

メニューから『TRADE』→『EXCHANGE』を選択します。

ピクセルスワップで交換

 

『Select a currency』を押し、『PXF』を選択します。

ピクセルスワップPXF

 

PXFの欄に100を入力し『Swap』を押します。

『Confirm Swap』を押し、メタマスクで取引を承認します。

※PXFコントラクトアドレス:
0x6a4792d10bee30ff25d1d8f9aa3721d204d88134

PIXEL SWAP交換

 

③ 紹介リンクを発行する

画面右上の『PIXELLAND』を押します。

メニューから『BUY CARD』を選択し、『Approve』を押します。

メタマスクで『PXFへのアクセス権限を与えますか?』のトランザクションを承認します。

PIXEL FINANCE

 

トランザクションが完了すると紹介リンクが表示されます。

『Copy Address』のボタンを押すと紹介リンクをコピーすることが可能です。

PIXELLANDを紹介したい場合はこのリンクをお友達・お知り合いに渡してください。

PIXEL LAND紹介リンク

 

以上で紹介リンクの発行は完了です。

 

おわりに

PIXELLANDはガチャ要素を取り入れた稼げるNFTカードゲームです。

合成に成功すればステーキングで稼ぎやすくなります。

またPXFの値上りの可能性も十分にあります。

ぜひ一度中身を確認してみてください。