xx

こんにちは。HPです。

この記事では今話題のSTEPNについてお届けします。

1.はじめに

今、世界的に話題にもなっているNFTゲームの一つにSTEPNというものがあります。

仮想通貨を使用してNFTスニーカーを購入して歩くだけで仮想通貨を稼ぐことができるという夢のようなゲームです。

つまり、歩いてお金を稼ぐことができるということになります。

現代では歩くにしてもお金をもらって歩く時代になっているのです。

世界的には流行になっているにも関わらず、日本ではまだまだ時代に乗れていません。

周囲の人にSTEPNをやっている人は少ないのではないでしょうか。

寧ろ、いないかもしれません。

歩いて稼げると聞くと怪しいと思う人もいるかもしれませんが、実際に稼いでいる人が多くいるのですから事実なのです。

仮想通貨を知らなかった人も、このSTEPNを始めるために少しだけ仮想通貨の勉強をして、STEPNを始めることで富と健康を手に入れるというのはどうでしょうか。

 

2.STEPNの概要

◆歩いて稼げるNFTゲームSTEPN

「STEPN」は外でウォーキングやランニングをすることによってお金を稼ぐことができるスマホ専用のゲームアプリのことです。ただし、アプリは簡単にスマホにインストールできますが、これですぐに外に出て歩いてお金が入るというような仕組みではありません。

大変ではありませんが、そんなに簡単でもありません。

STEPNを始めるためには少しだけ、初期投資が必要になってきます。

どの程度の金額かというのに関しては、人によってしまうのですが、多くの人の場合は10万円弱というのが一般的な気がします。

10万円あれば効率よく稼ぐことができますが、そこまで投資をしなくても5万円前後でも始めることは可能です。

また、後程触れますがレンタル機能と言うものも備わっており、自分で投資をしなくても、簡単にゲームを始めることはできるようになっているのです。

最初の初期投資の金額で少し怖がってしまう人も多いのですが、これはやったもの勝ちの世界です。

 

まだまだブルーオーシャンであるこの市場で十分に稼ぐことができる可能性が残されているうちに少しでも投資をするのが賢明でしょう。

ゲームということもあり、面白そうなものを自分で楽しみながらやる人の方が成功します。

ゲームの内容は後で細かく説明しますが、STEPNに使われている仮想通貨の基軸はSOLという通貨になります。

この仮想通貨は2021年代に大きな値動きを見せて、今でも上昇の兆しを残している通貨です。

今では比較的落ち着いていますが、今後の利用者の数によってはどうなるか分かりません。

STEPNを始めるためには専用のNFTスニーカーを購入する必要があります。

このNFTスニーカーの金額がおよそ5~6SOLですので、マーケットで購入する時には、最低でも5~6万円の値段がします。

性能の良いスニーカーを購入することを考えると10万円近くになってしまうのが現実です。

現実のスニーカーよりも高額なスニーカーをゲームで購入するとは思ってもいなかったと思いますが、このスニーカーによって今後大きく稼ぐことができるのです。

◆初期投資で必要なスニーカーの購入

STEPNで使うスニーカーは全部で4種類になります。

それぞれのスニーカーによって適正な速度範囲が決まっています。

その速度範囲内での運動を行わないと仮想通貨を稼ぐことができないようになっています。

まずWalker(ウォーカー)というスニーカーは適正速度が時速1~5kmに設定されています。

Jogger(ジョガー)というスニーカーは適正速度が時速5~9kmと設定されています。

競歩のようなイメージでしょうか。

Runner(ランナー)は適正速度が時速9~15kmに設定されています。

運動する時には直線距離を選択しないと、この速度を維持して運動を続けるのは難しいかもしれません。

4つ目のTrainer(トレイナー)は適正速度が時速1~15kmに設定されています。

他の3種類のすにーかの速度を全てカバーしているようなスニーカーです、もちろん、このスニーカーが最も高額なスニーカーになります。

自分の運動速度がどの程度のものであるのかということは自分でも分かりにくいと思いますから、アプリ内の無料機能を使って自分の速度を計測することから始めるとよいでしょう。

ウォーキングをするのかそれともランニングをするのかによって自分の選択するスニーカーがおおきく変わってきます。

このスニーカー選びを間違えると全然稼ぐことができなくなってしまいますので、自分にふさわしいスニーカーを選択しましょう。

 

3.STEPNで何を稼ぐことができるのか

STEPNでお金を稼ぐ方法について詳しく見ていきたいと思います。

STEPNでは歩いたり、走ったりすることによってゲーム内のトークン(GST)を稼ぐことができます。

このGSTの活用の仕方はゲームの中でも色々とあるのですが、このトークンを日本円に換金することができます。

したがって、GSTトークンを稼ぐことができるということが日本円を稼ぐことができるというところにつながってきているのです。ただ、直接日本円に換金するということはできずに、GSTはSOLまたはUSDCへ交換します。

これによって交換したものを、外部仮想通貨取引所を経由していき、日本円に換金するという流れになりますので、この方法で、ゲーム内でお金を稼ぐときには仮想通貨取引の知識は少し必要になります。

4.GMTというガバナンストークンとレンタル機能

STEPNがリリースしたばかりのときには、ガバナンストークンは上場しておらず、ゲーム内の通貨だけで盛り上がりを見せていました。

さらに、スニーカーもゲーム開始時に購入することが必須となっていたことから初期投資を惜しんでいた人たちはSTEPNに参加することは難しかったのです。

しかし、レンタル機能が充実してリリースされることによってスニーカーを誰か他の持っている人からレンタルすることができるようになれば、誰でも簡単にSTEPNで遊べるようになります。

Axie Infinityというような有名ブロックチェーンゲームもありますが、これと同じく、自分で投資をしなくても稼ぐことができる構図ができあがるのです。

 

◆GMTというガバナンストークン

GMTというのはガバナンストークンです。投資の世界の株式のようなものだとお考えください。

日本でも株式を持っている人たちは株主総会という形で会議に参加をし、その中で会社の経営方針を決定することもできるかと思いますが、原理はそれと同じです。

このガバナンストークンはSTEPNの運営方針を決めることができる投票権利のようなものです。

STEPNが持っている利益の分配についてもこのGMTトークンの所有率が関わってきます。

ちょうど株式の配当のようなもの出ると考えてください。

どのような配当割合になるのかということは今後のSTEPNの運営から知らされる予定になっています。

 

◆レンタル機能

この機能は、最初のNFTスニーカーを購入する時に、そこまでの初期投資はできないという人に向けられて作られた機能です。

実際にこのタイプのブロックチェーンゲームを行ったことがある人はご存知かもしれませんが、Axie Infinityのようなフィリピンで絶大な人気を誇るゲームもこのレンタル制度を取り入れています。

これによって資金のない人も手軽にアプリをダウンロードしてSTEPNを開始できるようになります。

ここで気になるのは靴のレンタル料ではないでしょうか。このレンタル料は固定費としては発生しないのです。

つまり家賃のように続きにいくら支払う必要があるという形のレンタル料ではありません。

しかし、無料で借り続けることができるわけでもありません。

このレンタル機能によってスニーカーのオーナーは使用者の稼いだトークンお7割を収入として得ることができます。

つまり、スニーカーの使用者はオーナーに渡した分の残りである3割が自分の収益となるわけです。

これは、スニーカーを借りている側が常に支払い続けなくてはいけないコストになりますから、赤字にはなりませんが、自分で最初に初期投資をしていた方が最終的には大きく稼ぐことができていたということも考えられます。

STEPNを使って本格的に稼ぎたいという人は自分で初期投資をしてでも、NFTスニーカーを購入することをお勧めします。

まだ最初で高額のスニーカーを購入するのは怖いという場合であれば、慣れるまではレンタル機能を使い、その後には自分でスニーカーを購入して自分だけのスニーカーをカスタマイズしておく方が楽しく参加できるかもしれません。

自分でスニーカーをカスタマイズすることができれば、今度はそのスニーカーを誰かにレンタルすることもできます。

このようにしてレンタルすることができれば、STEPNの理想とは離れてしまいますが、もはや動かなくても稼ぐことができる仕組みを作ることもできてしまうのです。

5.STEPNをはじめるために

STEPNを始める前に注意があります。

このゲームは他のゲームアプリとは異なり、課金すればした分だけ有利にゲームを進めることができるものではありません。

例えばドラクエウォークのようなスマホアプリは、歩くことを目的とせずに課金だけでゲームを攻略する人が大勢いるのは明らかでしょう。

ゲーム開発側も課金をさせるためにアイテムをリリースしたり、様々な仕掛けをしたりします。

しかし、STEPNは違います。

確かに、レンタル機能などの一部分を取り出せば、ゲームをプレイしなくても稼ぐ人たちは一定数出てくるかもしれません。

しかし、まったく運動をしないでゲーム内で仮想通貨を手に入れるということは不可能です。

そもそも、STEPNの運営元の理念・コンセプトは『ほとんどの人にとって不可欠な日常の活動。

つまりこの動き回るということを中心に構築されています。

STEPNはゲームファイを使うことによって、世界中の人を健康にするということ』を掲げています。

この理念に反するような開発の方向性は認められないでしょう。

実際にレンタルをする側の人になっても、そのレンタルするためのスニーカーは自分でカスタマイズをしたものになります。

最初からお金だけで何も動かないということはできないのです。

ここでSTEPNを始めるにあたって、本当にこのアプリを始めてよいのかを考えて頂きたいです。

まず、自分は本当に運動を継続することができるのかということです。言うまでもなく、このアプリは自分が動くことによって稼ぎます。

運動する習慣がないようでは、いつまでたっても稼ぐことはできません。

開始するにあたって、アプリ内のNFTスニーカーにだけ投資をするのではなく、現実のスニーカーやランニングに必要なウェアに投資をすることでモチベーションを高めて継続させるという工夫も大切かもしれません。

校が宇投資をしても、人は「のど元過ぎれば熱さ忘れる」に現れるように、すぐに痛みを忘れて同じことを繰り返します。

STEPNをインストールしても、実際に行動するかどうかは自分次第なのです。

お金のために歩く・走るという考えの人でもよいでしょうし、純粋に走ることや歩くことが好きだからそのついでにアプリを入れておくということでもよいと思います。

いずれにしても継続させるための工夫が必要になってくるということは認識しておいた方がよさそうです。

STEPNはランニングやウォーキング好きの人であれば、たまらなく欲しいアプリであるはずです。

6.靴のコンディションによって稼ぎが変わる

このゲームの奥深いところはただただ自分の運動能力だけでたくさんの金額を稼ぐことができるとは限らないところです。

自分の持っているスニーカーのレベルや状態(コンディション)によっても稼ぎやすさが異なってきます。

まず、スニーカーの種類には先ほどにも紹介しましたが、4種類がありました。

Walker(適正速度が時速1~5km)、Jogger(適正速度が時速5~9km)、Runner(適正速度が時速9~15km)、Trainer(適正速度が時速1km~15km)です。

これ以外にもスニーカーを購入する時にはレア度というものがあって、このレア度もスニーカーの金額に影響を与えます。

一般的なスニーカーはCommon(コモン)と表示されているかもしれませんが、これはレア度が最も低いスニーカーになります。

他にはUncommon(アンコモン)、Rare(レア)、Epic(エピック)、Legendary(レジェンド)という区分になります。

アプリ内のマーケットの中ではRareまでは見たことがありますが、それ以外の二つは見たことがありません。

Commonでも6万円程度はしますから、最高位のレア度をもつスニーカーの金額は10万円では収まらない可能性もあります。

ただし、中には、レア度も高く、性能もよいスニーカーでも、出品者がそこまでの価値を感じていないのか、価値に気が付いていないのかの理由で安く出品されてしまっているスニーカーもあることがあります。

そのようなスニーカーを見つけたら、購入して自分のスニーカーにするのでもよいですし、他のNFTマーケットで高く転売してしまうこともありです。

では、それぞれの状態につての解説をしたいと思います。

このパラメーターを知っていると、スニーカーを購入する時にどこに注目すればよいのかが分かり、スニーカー選びが楽しくなると思います。

◆Efficiency(効率)

Efficiencyというのは日本語で「効率」と訳されます。

ここでいう効率というのはNFTスニーカーを使って仮想通貨GSTトークンを稼ぐ効率ということになります。

ということはこのパラメーターの中で最も大切なのはこのEfficiencyであるということになります。

この数値が高いほどトークンが稼ぎやすくなります。

ですので、まずはどこに注目したらよいのか分からないという方は、このEfficiencyが高いスニーカーを選ぶことをお勧めします。

レベル上げるときにも、数値をそれぞれのパラメーターに割り振ることができるのですが、その時にも最重要視するべきはこのパラメーターになります。

◆Luck(運)

Luckというのは日本語では「運」と訳されます。

この数値についてはゲーム内で登場するミステリーボックスの出現確率が高くなるということがホワイトペーパーには記述されているのですが、現在のところ、このミステリーボックスが何であるのかという詳細が分かりませんので、重要かもしれませんが、ここでは優先順位を下げてよいでしょう。

通常のゲームとは違ってNFTゲーム、ブロックチェーンゲームは開発途中の状態でリリースされていきます。

ゲームによっては最終開発にたどり着かずに途中で終了になってしまうゲームもあります。

STEPNも例外ではなく、今現在開発途中なのです。

◆Comfort(快適さ)

Comfortというのは日本語で「快適さ」を表します。

この数値が高ければ高いほど、消費エネルギー当たりの獲得トークンの増加や消費エネルギーを少なくすることができます。

これをバフ効果と呼ぶのですが、このバフ効果の確率が高まります。

また、このバフ効果にもショートバフと呼ばれるものと、ロングバフと呼ばれるものがあります。

この効果はスニーカーのレベルを上げないと現れませんので、パラメーターの数値と共にレベル上げにも専念する必要があります。

スニーカーのレベルについては後程書きますが、購入した段階においては基本的にはゼロとなっています。

レベルを上げることについても最初の方は簡単なのですが、徐々にそのハードルが高くなっていきます。

テレビゲームのようにやりこめばその分だけレベルが上がるわけでもないのがこのゲームの面白いところです。

◆Resilience(耐久性)

Resilienceは日本語では「耐久性」という意味です。

NFTスニーカーは歩いたり走ったりするほどに修理を必要とします。

現実的で面白いのかもしれませんが、これによってトークンお稼ぎやすさが変わってしまいます。

歩くほどの耐久性が消耗されていくのです。いわゆるスニーカーの体力と呼ばれるものなのですが、耐久度が半分以下になると、獲得できるトークンは1割低下になります。

この状態でいくら運動を続けても、本来稼ぐことができるトークンを稼ぐことができません。

さらに、耐久度が2割以下になると獲得できるトークンが9割カットされます。

これはひどいです。

このペナルティーを回避するために、耐久性には特に注意を払っておくことがよいでしょう。

耐久度は回復することができるのですが、この耐久度を回復するためにはGSTトークンを使うのです。

修理が必要なタイミングを見計らってタイミングよく修理をすることが重要です。

◆パラメーターのまとめ

パラメーターには4つの要素がありましたが、優先順位が最も高いのはEfficiencyです。

次がResilienceという感覚でしょうか。

Luckについては今のところ何とも減給しにくいので、このまま放置でもよいと思います。

最後に余力があれば、Comfortをおまけ程度にという順位をつけてパラメーターを上げていけるとよいでしょう。

まずは一つのパラメーターをと言うことであれば、最優先はEfficiencyです。次の項目のレベル上げと一緒にパラメーターもあげていきましょう。

◆靴のレベル上げ

NFTスニーカーの最初のレベルはゼロです。

このレベルを少しずつ上げていき、レベルが上がると同時に割り振られたパラメーター値を自分で好きなように、さらに割り振っていきます。

これによって自分のオリジナルNFTスニーカーが出来上がるのです。

購入時にレベルがゼロからスタートしていないものも見かけますが、それなりの値段ですので、おそらく最初からそこに手を出す人は少ないと思います。

実はレベルを上げる時にも、運動することによって稼いだGDTトークンを使用します。GSTトークンは修理の時にも使って、レベルを上げる時にも使うので、全然稼げないじゃないかと思った人もいるかもしれませんが、そこは心配しなくて大丈夫です。

さすがにマイナスになることはなく、それでも、効率よくレベルとパラメーターを上げることができれば、稼ぐことができます。

レベルを上げることによってソケットのロック解除を行うことができるようなのですが、ホワイトペーパーにもこれ以上の記述はありませんでした。

まだこの機能についての詳細は不明です。

レベルアップをするときにはGSTトークン以外にも、実は、時間がかかります。

トークンを与えているのに時間もかかるという少し面倒な仕組みです。

最初の数レベルぐらいは数時間で済むのですが、徐々にレベルが上がっていくと、かかる時間も相当に長くなります。

中にはレベルを上げる時に1日以上かかるという段階もあります。

お気づきかもしれませんがスニーカーのレベルを上げる時には運動をする時間以外のところでメンテナンスをする必要があります。外でこの作業は行いません。

レベル上げの方法自体は難しくありません。「レベル」という部分を選択して、レベルを上げていきます。

最初の1レベルを上げるのに必要なGSTトークンは1ですので、簡単にレベルを上げることができます。

一度アプリを起動させて外に出て少し運動すれば簡単に貯まります。

ここでたまったトークンでレベルを上げて、パラメーターを強化していきましょう。

ちなみに最初の1レベルを上げる時にかかる時間は1時間です。

また、様々な確認事項で表示される「confirm」という表記は「確認」という意味で、これを押すと諸々の取引が実行されます。

レベルを上げていくと分かるのですが、ブーストという機能が備わっており、この機能を使うと、レベル上げにかかる時間を、さらにプラスしてGSTトークンを購入することによって時間を短縮する機能が備わっています。

時間をお金で購入するという感覚です。STEPNに使うことができる資金に余裕がある場合にはよいのですが、これを頻繁に使用するとスニーカーのレベルは上がってもお金が稼げないということになってしまいかねません。

それだけ長くても数日程度の時間で済みますので、しばしの休養期間と思って大人しくレベルが上がるのを待つということも良いでしょう。

7.STEPNが利用しているSolanaチェーンについて

少しだけ難しい話になりますが、STEPNに必要な通貨はSolanaと大いに関係があります。

このSolanaの価値によっては、STEPNの価値も十分に影響を受けると思ってよいでしょうから、空いた時間に、少しSolanaについて調べてもよいかもしれません。

Solanaの運営元はスイスのジュネーブにあります。

Solanaでは内部通貨としてSOLという仮想通貨を持っています。

これによってナットワークのユーザーはSOLで手数料を支払うことになります。

ですから、このブロックチェーン技術を活用しているSTEPNはSOLでスニーカーを購入することになり、ゲーム内通貨であるGSTトークンを送金する時の手数料も基本的にはSOLで支払うことになっているのです。

Solanaはイーサリアムのブロックチェーン技術とはライバル関係にあります。では、Solanaの何が注目を浴びているのでしょうか。

大きな特徴の一つには、その高い処理能力とコストカットにありました。

Solanaは、ビットコインやイーサリアムとは比較にならない処理能力・処理速度を持っています。

何事にもスピードは重要です。

取引決済の完了や、送金等にもおいても時間がかかるとストレスを抱えます。

Solanaはこのビットコインらが抱えるこの処理速度の問題を解決したのです。

さらに、この処理速度の速さにもかかわらず、Solanaは、低コストの実現をかなえたのです。

ビットコインと具体的な数字でその取引速度を比較すると、ビットコインが1秒間に6~7件の処理を行うことができるのに対して、Solanaは1秒間に約60000件の処理を行うことができます。

およそ1万倍の違いです。

クレジットカードで有名なVISAは1秒間に5万6000の処理をこなすことができるようですから、処理能力ではクレジットカードを超えています。

クレジットカードのように仮想通貨の普及が進まないことの理由には、この処理速度の問題もあったのですが、ビットコインやイーサリアムでもなしえなかったSolanaがついにやってくれるかもしれません。

これだけではありません、

Solanaが注目されている理由には、他にも、利率の高さが関わっています。

仮想通貨にはステーキングという方法で稼ぐ手段があります。

これは、銀行の預金に似ています。

銀行には預金をしても全くと言っていいほどに利率はないですが、Solanaは違います。Soanaの利率はおよそ10%です。

主なステーキングの方法としては、仮想通貨取引所に預けることでしょう。

コインチェックなどの取引所を持っている人は口座開設のタイミングでウォレットを開設しています。

そのウォレットに預けておくだけで仮想通貨が増えるのです誰でも簡単に始めることができます。

また、インターネット上に接続するホットウォレットのようなところに預けてステーキングを行うこともできます。

Solanaは今現在流通している量とステーキングの割合を見てみるとおよそ80%弱程度がステーキングされています。

このステーキングの量は何を意味するでしょうか。

このステーキングは多くの人が保有している価値があるという判断をしていることの現れです。

価値のない通貨は持っていても仕方ないですからすぐに売りに出します。そうではなく、多くの人が保有しているということはSolanaにかなりの期待をしているのです。

8.最後に

ついに、時代は歩いて稼ぐことができるというところまで来てしまいました。

「あるいて稼げる」という部分だけを切り取られると怪しく感じるのは自然なことだと思います。

しかし、しっかりと中身を見てみると、それなりに稼げる理論もあったと思います。

そして、何よりも、STEPNというアプリを活用して稼ぐことができている人がいるという事実があります。

このアプリを活用して、日本ではまだまだブルーオーシャンであるときに、あなたが独走