xx

こんにちは!チュウ子ママです🤗

 

最近、「メタバース」がメディア等で取り上げられることが増えてきました。

身近なところでは昨年10月に、あのFacebookが社名を「Meta(メタ)」に変更し、SNSの会社からメタバースの会社になっています😲✨

Apple、マイクロソフト、ディズニーなどの有名企業もメタバースに投資をしています🍎

 

今話題のキーワードであるメタバース

聞いたことはあるけど、よくわからない…という方も多いのではないでしょうか🙂

 

🤔メタバースがどんなもので、なにがすごいのかよくわからない。

🤔これまでのゲームなどの仮想空間となにが違うの?

🤔メタバースは今後どうなるの?

 

この記事では、そんな謎多きメタバースについて、初心者の方にもわかりやすく解説していきます🤗✨

 

メタバースってなに?

そもそもメタバースとは何を指すのか?について説明します🤗

メタバースとは

メタバースとは、インターネット上の仮想空間やそのサービスの総称です。

 

😲えっ!じゃあ仮想空間での生活を楽しむ「あつまれどうぶつの森」みたいなゲームもメタバース?

🙂広い意味ではそういうことになります。

 

実は、「メタバースはこれ!」という限定された概念はなく、人や場面によっていろいろな捉え方をされているのです。

 

—メタバースという単語は、”超越した・高次の”という意味の「meta(メタ)」に、”宇宙・世界”を表す「universe(ユニバース)」を組み合わせた造語で、”もう一つの世界”というニュアンスを持つ。—

 

😲昔からあるのに、なぜ今またメタバースが注目されているの?

🤗今注目されているメタバースは次世代型のメタバースであり、これまでのメタバースとはかなり違うのです!

これまでのメタバース

metaverse

リアルな人間が仮想空間で交流できるサービスは、ゲームの世界では昔からありました。

「あつまれどうぶつの森」や「ファイナルファンタジー」はもちろん、「ゲームボーイ」や「たまごっち」もメタバースのひとつであるという考え方もあります。

 

😲な、懐かしい!!笑

😆メタバースはゲームとの相性が抜群なのです♪

 

ゲーム要素(特定のストーリーや目的)がないメタバースとしては、2003年にリリースされた「セカンドライフ」があります。

当時一大ブームになったセカンドライフですが、現在も細々と続いてはいるものの、ユーザー主体型のメタバースが世間一般に定着するほどの「大成功」とはなりませんでした🙁

 

—セカンドライフ アメリカのリンデンラボ社が運営するメタバース。ユーザーはアバターとなり、ユーザー同士で交流したり家を建てたりして仮想空間での生活を楽しむことができる。米ドルと交換できる独自通貨も存在する。—

次世代型のメタバース

🤗では、今注目されている次世代型のメタバースとはどんなものなのでしょうか?

😲VRゴーグルを付けて3Dになるところ?

 

▼VRゴーグルはVR(仮想現実=バーチャルリアリティ)を体験できるゴーグル型デバイス。

metaverse

🤗VRゴーグルも、よりリアルなメタバース体験に欠かせないデバイスですが、次世代型メタバースに必須というものではありません。

 

メタバースを次世代型へと進化させたのは、ブロックチェーン技術です

メタバース×ブロックチェーンが新しい

😲ブロックチェーンというと、仮想通貨の技術ですよね?

🤗始まりはビットコインの運用のための技術でしたが、仮想通貨以外にもたくさんの分野に応用できるんです!

ブロックチェーンとは

metaverse

ブロックチェーンとは、簡単に言ってしまうと「みんなでオープンに管理・監視することで、権限を持った管理者がいなくてもインチキができなくなる仕組み」のことです🤗

 

例えば、金融×ブロックチェーンの場合‥

これまでは国や銀行などの権力を持った管理者が中心となって(これを中央集権的と言います)、送金や為替などを管理する必要がありました。

そこに、ブロックチェーンの仕組みを取り入れると、そうした中央集権的な管理は不要となり、非中央集権型の金融が可能になります。

これが仮想通貨です💰✨

 

今、このようなブロックチェーンによる革命があらゆる業界で起こっています😲‼

メタバース×ブロックチェーン

metaverse

メタバースも、ブロックチェーンが備わることで、高度で安全な次世代型のメタバースに進化しました。

 

😲具体的にはどう変わったの?

🤗ふふふ、こんなことまでできちゃうようになりました♪

 

  • デジタルアイテムの所有権の管理
  • 仮想通貨の利用
  • 企業がメタバース内に広告を出す
  • ゲームやアルバイトで稼ぐ
  • 過去の体験を3Dで記録し、再体験する(タイムトラベル!)
  • 土地や不動産の売買
  • ユーザーがコンテンツを作る、売る

などなど…

 

これらのことが、運営会社などの仕切り役がいなくてもできるのです🙌

 

つまり、現実世界と同じような生活・ビジネスができるようになり、仮想空間での活動が現実世界に直接的に価値をもたらすようになったのです🤗✨

 

このことが、次世代型メタバースの最大の特徴です。

 

🤗ブロックチェーンに加え、3D映像・5G通信・AI(人工知能)などの技術がある程度成熟して交わり始めた今、メタバースに新しい可能性が見出され、その価値が注目されているのです✨

メタバースの未来について

metaverse

次世代型メタバースは、仕事はもちろん、投資やビジネス(事業)において、重要な役割を果たすようになると考えられています。

 

  • 安く、早く、世界中にアプローチできる
  • 物理的なスペースが要らない
  • すべての行動がデータとなり記録される …など

 

これらの時代のニーズに合った特徴により、圧倒的な生産効率・透明性を確保することができ、とにかくめちゃくちゃ便利だからです💪✨

 

また、現在は、基本的にそれぞれのメタバースのプラットフォームは独立して存在していますが、将来的には異なるプラットフォーム(ブロックチェーン)同士も自由に往き来できるようになることが期待されています😊

 

🤗例えば、ひとつのプラットフォームのアバターやアイテムを、異なるプラットフォームにも持ち込めるようになるということです。

 

メタバースの無限の可能性を感じていただけたでしょうか✨

近い将来、さらに洗練されて世の中に浸透し、私たちの生活に欠かせないものになっていきそうですね✨

 

これからもメタバースの進化に目が離せません!😆💕

エアドロップ情報が受け取れるオープンチャット

エアドロップの最新情報が取れるオープンチャットをご用意しております。

よろしければご参加ください。

⇓⇓⇓⇓⇓

お役立ち情報

初期費用800USD(発行手数料500USD+デポジット300USD)で暗号資産をショッピングなどで使える
マネーダム暗号資産JDB銀行カード!
暗号資産を触るならこの一枚を持っておくと安心です✨
詳細はこちらをclick!!
⇓⇓⇓⇓⇓