xx

こんにちは。大原です。DEXに関する記事をご紹介します。

DEXとは?

DEX(デックス)とは、Decentralized Exchangeの略称。日本語で「分散型取引所」という意味です。DeFi(ディーファイ)の一種でもあります。

DeFi(ディーファイ)についても説明すると、仲介者・管理者となる企業が存在せず、ユーザー同士で直接取引できるシステムのことです。

DEXの特徴

DEXは、日本円やドルなどの法定通貨と仮想通貨を交換することができませんが、仮想通貨(トークン)を別の仮想通貨に交換することに特化している特徴があります。

また、DEXはイーサリアムのブロックチェーン上で運営されている非中央集権型取引所です。そのため取引をする際は、ブロックチェーン上で直接決済が可能です。

ブロックチェーン上で取引が行われる際は、「スマートコントラクト」というプログラムが使われていて、これにより取引が自動化されています。

DEXのメリット

手数料が安い

DEXは、DeFiの一種なので仲介者となる企業が存在しないということを説明しました。ということは、仲介者がいない分手数料が安くなるメリットがあります。

ハッキングされるリスクが低い

従来の取引所では、仮想通貨を保管するウォレット(財布)を取引所内に作る必要がありました。そのため取引所を管理している企業がハッキングされてしまうと、ユーザーのウォ
レットにも被害が出てしまいます。しかし、DEXは、ウォレットを取引所外で作成して取引するのでハッキングされるリスクが低いです。

すぐに取引できる

DEXでは、めんどうな本人確認や口座開設をする必要がありません。個人で管理しているウォレットさえあれば取引できます。

DEXのデメリット

利用者が少ない

DEXは、まだまだ発展途上で利用者が少ないため、取引量も少ないです。よって、取引がすぐに成立しにくい場合があります。

金融庁の認可がない

従来の取引所は、金融庁の規制をもとに作られています。そのため、取引所を利用するユーザーを守るためのルールが充実しています。一方でDEXは金融庁の認可がなく、ユーザーを保護する仕組みが整っていません。そういった意味では、安全性が低いです。

また、DEXは仲介者がいないため、多くのメリットを得られますが、仲介者がいないということは、何かトラブルが起きたときにすべて自分で対応しなくてはなりません。

CEXとDEXの違い

CEX(シーイーエックス)は、Centralized Exchangeの略称。日本語で「中央集権型取引所」という意味で、従来の取引所になります。

CEXとDEXの大きな違いは、仲介者である企業が存在するかどうかです。CEXは仲介者が存在しないのに対し、DEXは存在しません。