XRT(ライズトークン)のホワイトペーパー

ホワイトペーパーはコチラ

XRT(ライズトークン)のホワイトペーパー

仮想通貨なの?

このXRT、イーサリアムベースでつくられているはずなのに、

ERC20に準拠した想通貨としてデータがありません。

 

コアラコアラ

そこで、会社に問い合わせてみたよ

 

XRTは仮想通貨となります。
現在ライズトークンに関しては、開発中のため、
イーサリアムのテストネット上にて、運用をしております。
テストを十分に行う事が目的です。
又、サンダートークンは、ThunderWallet内で使用できるプライベートトークンです。

テストネットは、以下のリンクから確認が出来ますので
ご自身でご確認下さい。

https://ropsten.etherscan.io/

つまり、イーサリアムのブロックチェーン技術でつくられた仮想通貨だけど、

まだ上場もしてないし、テスト中のプライベートトークン、という感じでしょうか?

 

今のところ、サンダーウォレットの中でのみ存在するサービスです。

 

このXRTは常に1XRTが1ドルと同じ価値になるステーブルコインです。

同じような暗号通貨ではUSDT(テザー)も常に1ドルと同じ価値のコインですね。

つまり、値上がりも値下がりもしないコイン、という事です。

 

なので、今のところは

  • サンダーウォレット内でのみ購入ができる
  • 買うだけで、売る事ができません
  • でも最後に購入してから1年経てば、元の価格で会社が買い取ってくれる
  • サンダーウォレット内に保有していると、会社の事業利益から配当がもらえる
  • 配当は毎月ビットコインでもらえる
  • 紹介したサンダーウォレットからXRTの購入が起こると、コミッションがもらえる

こんな感じでしょうか?

XRT(ライズトークン)はいつまで販売するの?

約150億円を販売したら、販売終了です。

2017年12月から販売して、どうやら今年2019年の6月頃にはすべて売り切れそうな勢いです。

販売元のRevCapital(レブキャピタル)についてはコチラ

Rev Capital Fund LTD(レブキャピタルファンド)やTHT(サンダートークン)まとめ※2019年5月更新

お問い合わせはLINEへ

ちなみにコアラが現在おすすめしている案件はこちらです。

よければ案件を判断する参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コアラのおすすめ案件の①UKANO-FX、②WAIFXなど ※2020年2月更新